病んでる母と不登校娘の日々の暮らし。毒吐きブログ。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年06月19日 (木) | 編集 |
多分、精神科の初診から7年近く経ってる。
本格的に治療を始めてからは2年くらい。

長いよ!

4月くらいの診察の時に主治医に
「ちょっと長くないですか?」って言っちゃったくらい。
主治医がいうには、私のフラッシュバックが強く治療が難しいらしい。

本格的な治療というのは、休職して、まじめに処方薬を飲む…ということです。
確かに、1年くらいで快方に向かってて社会復帰できそうかな?ってとこまで行きました。
ところが、どんどん悪化していって、今が一番最低な状態です。
何だか、あんまり良くならないと病気ではなく、自分に問題があるんじゃないかと思えてきます。
例えば、人格障害的なものだったりしたら、服薬しても効果はないですよね。


もともとの受診のきっかけは、交通事故の後遺症?のようなものでした。

頸椎捻挫(いわゆるムチウチ)の症状に悩まされていて脳神経外科に通院してました。
MRIもCTも異常がなく、当時はデパスと目眩用のクスリ(名前忘れた)を処方され飲んでいました。
服薬して、だましだまし社会生活を送っていたわけです。

ある日、総合病院の内科にかかったことがきっかけで、内科医から精神科を紹介してもらいました。
精神科では、デパスを止めるようにいわれ、かわりにセルシンが処方されました。
精神安定剤みたいな感じなのかな?
もう、当時の自分の症状がどんなだったか忘れてしまった。
ただ仕事が、こなせなくなった自覚はスゴくあった。


何か、ここまで書くと色んな要因で今のこの状態があるんだなぁと思った。
やっぱり過去のことって正確に覚えていない。
今こうやって経緯を書いているけど、事実以外は違うかも。
そう考えると、を残しておける日記やブログは意義があるかもしれない。


あ、今日も朝に寝て夕方起きました。
今の状態は割と良いです。

炭酸リチウムが効いてるのかな

何年か前に処方された時はネットで見た副作用が怖くて
「あまり効かないみたいです」って主治医に言って飲まなかったんだよね。
メンタルのクスリってやっぱり怖いと思っちゃうよね。


でも、飲まなかったから良くならないのかな?
…と思って今はネット検索せず、処方通り受け入れて飲んでるんだけど…。

仕事に行く為にクスリを飲んでた時のことを思い出すと、
違う方法があるのではないかと、ふと考えたりする。

何ていうか↑クスリで無理して気分をあげて頑張るんだよね。
これ、良くならないといつまで続くんだろう
年金がもらえるまでかな?70歳?生きていないかも。
とかって最近思っちゃって…。


今日は語りすぎた。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
copyright © 疾風迅雷にはほど遠い all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。