病んでる母と不登校娘の日々の暮らし。毒吐きブログ。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月19日 (土) | 編集 |
夏休みに入るので、個別懇談に行ってきました。

入学後に話したときも感じたんだけど、この担任
不登校に全く理解を示そうともしない。

学校に行けないのには、それなりの理由や精神状態があるだろうと考えもしない。

娘は完全不登校で外にも出られない状態で
最近、やっと週一で適応指導教室に通えるようになったのに…

その娘が外に出られない理由のひとつに

「人が怖い」

と、いうのがある。

それを言っても

「何が怖いんですかねぇ。誰も見てないですよ。」ってヘラヘラ笑うだけなんで、めっちゃ不快です。

人が怖くて外に出られないって心理を想像できない

できないなりに、心に寄り添ってみようとも思わない

そーんな態度がアリアリなんですよね。

クラスは10人もいない少人数で、先生に余裕がないってこともないでしょうに…。

どうにかして欲しいわけじゃないけど
せめて、不登校に対して無神経な発言はしないでもらいたい。
次にこんな態度ならヒトコト言うかな。

中学校の教師って何の為にいるんだろう
何で教師になろうと思ったのだろう

…と、まで思ってしまいました。

私も、先生や学校にまだ期待してる部分があったのかなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
copyright © 疾風迅雷にはほど遠い all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。